玉川温泉での経絡マッサージ修行〜その10

日本ボディーケア学院 日本ボディーケア学院

玉川温泉での経絡マッサージ修行〜その10

2007-08-16

2007-08-16 18:11:12

こんにちは、安保です!
このお盆休みを利用して8月13日に
約3年ぶりに玉川温泉に行ってきました。

tama_enkei.jpg

上の写真は、山の上の駐車場付近から岩盤浴エリアと源泉(湯気の上がっている所)を
見下ろしている所です。

tama_obuke.jpg

そして、その源泉の写真です。

今回は、私も岩盤浴をしに行きました。

ここは、八幡平の山の上で、いつもは日中でもそれほど暑くはないのですが、今年は例外というべきか、このあたりも33〜35℃まで、気温が上がっていて、温暖化の影響を特に感じました。

それで、昼間に岩盤浴に行っては、太陽の熱と、岩盤の熱とのはさみ打ちで「気持ち良く寝ているどころでない」と予測し、夕方5時半くらいに行ったのでした。

これは、かなり正解でした。

お盆で人が多く、昼間来た人は、すぐに岩盤浴のテントに入れず、外で待たされたため熱中症気味になった方がおられたと

後で、岩盤浴でご一緒になった方が言っていました。

さて、久しぶりの玉川温泉は少し変わっていました。

それは、衛生面です。

昨年、ノロウイルスの発生で全館営業休止して、衛生対策を徹底的に施したそうです。

tama_tent.jpg

この写真は、岩盤浴をするテントとその付近のものです。

テントは全て張り替えられていました。

最近は、1日に2回、消毒作業をするようになったようです。

朝の7時と、夕方6時です。

私がテントに到着の時はちょうど消毒作業中でした。

背中に消毒液を背負った係の人が、散布用のバーでテントの中とその周辺を清めていました。「まあ、大事なことだよな〜・・・」とその作業を見守りました。

その後、40分ほど岩盤浴をしました。

天然の岩の上に、ゴザを敷いて、タオルケットにくるまって寝転びました。

ほどなく、全身汗びっしょり。

背中側を中心に、時おりうつ伏せでお腹をあたためて、良い汗をかいて終了しました。

普通30〜40分が良いところです。

あまり長く寝過ぎると後からだるくなったり、低温やけどをしてしまいますので注意が必要です。

私の隣にいた方はもう30年以上通っていると言っていました。

本当に不便な時代から、産後の体調が思わしくなく通っていて、体調が良くなってからも毎年1回は来ているとのことでした。

テントで隣り合うと自然と「どっから来たの〜?」とか「何が悪いの〜??」などと、気軽に話しかけ合います。

私も大地からのエネルギーをもらい修行の原点でもある玉川温泉でリセットしたのでした。

そして、再び学院の仕事に精進しようと決意しました。

帰りに夕陽がきれいでした。

tama_yuyake.jpg

この9月から学院はさらにパワーアップしますので、

皆さんよろしくお願いします!

(つづく)




PAGE TOP



有限会社 日本ボディーケア学院

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町73 プロミエ秋葉原202
TEL: 0120-27-0184

DVD教材のご案内

マッサージスクール日本ボディーケア学院はリンパ、経絡、東洋医学、骨盤、小顔矯正、整体を東京、大阪、名古屋の学校、教室で少人数制で指導し独立開業をサポートしています。




MENU
 

REQUEST
HOME