「治療」という言葉のパワー - 日本ボディーケア学院

お気軽にお問い合わせください。
資料請求

HOME > 学院マメ知識 > 「治療」という言葉のパワー

「治療」という言葉のパワー

2013年05月07日

マッサージ学校資料請求してくださったり、

説明会に来てくださる方の中には、

「ちゃんと治療が出来るようになりたいのです!」

とおっしゃる方が時々います。


しかし、残念ながら当スクールの技術と知識だけでは、

「治療」する事は出来ません。


そもそも「治療」という言葉はドクターのみが、

使って良い言葉であって、

セラピストや整体師が使ってはいけない言葉です。


これは以前から私が言っている事ですが、

今回、父の看病をし、改めて強くそう思います。


なぜなら「治療」という言葉には凄い力があるからです。


「私が治療してあげましょう!」

その言葉を聞くだけで、


心やカラダに痛みを感じている人は、

大きな希望と期待を持ちます。


100歩譲って、

「私が治療してあげましょう」と言って、


その言葉どおり、

心やカラダの痛みを改善する事ができればいいですが、


改善する事が出来なければ、

それは、相手の方にとても大きな失望を与える事になります。


しかし・・・


それを簡単に使う人があまりに多い。

また、それを意識的に使っている人もたくさんいるようです。


恐らくその人達は「治療」という言葉の持つパワーを

知っているから、あえてその言葉をつかって

仕事しているのでしょう。


これは本当に罪作りです。


それでも「治療」という言葉を使いたいのであれば

ドクターになってから使うべきです。

                      日本ボディーケア学院



お問い合わせ
お問い合わせ

資料請求
無料学院説明会
学校案内
東京校

東京校

TEL 0120-27-0184
FAX 06-4808-1201
MAIL info@j-bca.com

径絡ストレッチ&リンパマッサージ
骨盤ボールダイエット

PageTop