マッサージの強さをコントロールする - 日本ボディーケア学院

お気軽にお問い合わせください。
資料請求

HOME > 学院マメ知識 > マッサージの強さをコントロールする

マッサージの強さをコントロールする

2015年07月12日

整体スクール、マッサージ学校の今日の様子です。東京校では、経絡マッサージ・本科コースの講義が行われました。本日で6回目となる週末クラスです。当スクールでは、相モデルでマッサージの練習をしますので、最高でも5名の生徒さんの身体をマッサージさせていただけます(当スクールはの受講生の定員は6名です)。しかし、生徒さんが必要な講座を修得されてマッサージの仕事をするとなると、いろいろな身体をマッサージすることになります。一人として同じ身体はないのですが、タイプ分けは出来ますので、できるだけ多くの身体をマッサージさせていただいて「このような身体をマッサージしたことがない」と焦らなくていいように準備をしておく必要があります。

そのためにも、受講中から講義日以外の日は、ご家族だけでなく、いろいろな方に声をかけてマッサージの練習をさせていただくようアドバイスしています。講義で習ったとおり、同じようにマッサージをしていても、人によって痛いを感じる強さが違いますので、「痛気持ちいい」と感じるところまでの強さでマッサージをしないといけません。そして、一度でも「痛い」と感じさせてはいけないのです。「痛い」と感じたとたん、筋肉が硬く緊張してしまい、マッサージの目的である、筋肉をほぐすことができなくなってしまいます。あまり聞き過ぎてもいけないのですが「強さはいかがでしょうか?もう少し強い方がいいでしょうか?」と確認をしながら加減をすることが大切です。後半に入ってくると、そのようなマッサージの強さの加減も、スムーズに行えるようになっています。



お問い合わせ
お問い合わせ

資料請求
無料学院説明会
学校案内
東京校

東京校

TEL 0120-27-0184
FAX 06-4808-1201
MAIL info@j-bca.com

径絡ストレッチ&リンパマッサージ
骨盤ボールダイエット

PageTop