年中気をつけたい紫外線ケア - 日本ボディーケア学院

お気軽にお問い合わせください。
資料請求

HOME > 学院マメ知識 > 年中気をつけたい紫外線ケア

年中気をつけたい紫外線ケア

2016年08月27日

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s.jpg

8月も終わりが近づき、窓から入ってくる朝の空気に秋を感じるよ
うになってきました。それでも、まだまだ暑い日が続き、日傘や日
焼け止めクリームが手放せません。今年の夏も「気をつけていたの
に焼けてしまった・・・」という方、おられるのではないでしょう
か。日本では5月くらいから紫外線量が増え始めますので、もっと
前にお話しすればよかったのかもしれませんが、真冬でも紫外線は
夏の5分の1から半分程度ありますので、これからの季節も油断は
できません。今回は紫外線ケアについてお話しします。

紫外線が与えるダメージは、シミやシワ、たるみの原因となったり、がん発症や白内障を誘因にもなる美容だけでなく健康上のリスクも高いものですが、太陽光には健康を維持する上で欠かせない良い作用もあります。例えば、丈夫な骨をつくるために必要な栄養素のビタミンDの80~90%は日光浴によって体内で生成されています。また、生体リズムを調整したり殺菌作用があります。このビタミンDの生成には、1日10~15分程度の日光浴で十分とされていますので、併せて食事からカルシウムとビタミンDを摂取し、適度な運動習慣を心がけましょう。

次に「気をつけていたのに焼けてしまった・・・」と後悔している
方に特にお伝えしたい内容が、紫外線に注意が必要なシーンです。
真夏の晴天の日の真昼間に外出するなら、日焼け止めや日傘、サン
グラスなど、日焼け防止対策万全でお出かけになられると思います。しかし、雨の日はどうでしょうか?また、部屋の中ではお化粧もしないで過ごされたりしていませんか?このように、日常でつい油断してしまうシーンがあるのです。

例えば、雨の日は晴天時の約30%の紫外線を受けます。曇りの日
でも約60%の紫外線を受けるのです。また、日陰では直射光の
50%程度の影響を受けると言われています。そして、部屋中や車
内でも、波長の長いUVAはガラスを透過しますので、UVカット加工されたガラスや遮光カーテン・フィルムなどで対策をしてください。そして、これからの時期にお出かけになるのに最適な山や高原も注意が必要です。標高が高いので涼しいので、つい油断してしまいがちですが、紫外線は標高に比例して量が増えます。しっかりとした紫外線対策が必要です。

最後に、紫外線によるトラブルを避けるために、日焼け止めやサン
グラスの使用、紫外線の強い正午前後の外出を控えたりしても焼け
てしまった場合の対処法です。まずは、日焼けもやけどの一種です
ので冷やして皮膚の炎症を抑えることが肝心です。保冷剤や氷など
である程度までほてりが治るまで冷やしてください。その後は、乾
燥を防ぐために保湿剤を塗ってください。また、日常では抗酸化を
意識した生活を心がけてください。なぜなら、紫外線は体内で活性
酸素の発生を促すからです。十分な睡眠やバランスのよい食事、適
度な運動やストレスコントロールを習慣づけましょう。食生活では
ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、カロテン、亜鉛などの抗酸
化成分を積極的に摂取するように心がけてください。



お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の次の記事



資料請求
無料学院説明会
学校案内
東京校

東京校

TEL 0120-27-0184
FAX 06-4808-1201
MAIL info@j-bca.com

径絡ストレッチ&リンパマッサージ
骨盤ボールダイエット

PageTop