玉川温泉での経絡マッサージ修行〜写真編 - 日本ボディーケア学院

お気軽にお問い合わせください。
資料請求

HOME > 新着情報 > 玉川温泉での経絡マッサージ修行〜写真編

玉川温泉での経絡マッサージ修行〜写真編

2007年06月29日

2007-06-29 01:07:51

今回は、写真で玉川温泉をご覧ください。
修行していた時、休憩の合間に撮影したものです。


tamagawa_hotel.jpg


まず、上の写真はホテルの外観です。
写真の右の方が切れていますが、この先の方に大浴場やホテルのフロント等
メインの建物があります。

私がいたマッサージ室は、矢印の建物にあり、「はなれ」に近い感じのところです。
写真の左側には、源泉が湧き出ている「大噴」と呼ばれる場所があり、
そこから流れてくるお湯が、川となっています。

湯けむりが、部屋にも入ってくる棟なので、
建物は古いですが、より玉川温泉の効能を吸収したいと思う方は
ここの客室に泊まられるそうです。


tamagawa_steam.jpg


次は、源泉のある「大噴」にいく途中の歩道辺りです。
98℃もある源泉のお湯が川となって流れてくるのですが、
立ち昇る湯けむりは相当な量になります。

写真の左手に人が座ったり、寝袋に寝ています。
ぜん息など呼吸器系の疾患を患っている方々です。
この湯けむりを吸うために、ここに来ています。
その科学的根拠は私には説明できません。
あまり、吸い過ぎると中毒になる危険性がありますので
むやみに真似はできません。

この道は、普通の散策用遊歩道です。
他の温泉地では、このような光景はあまりないと思います。


tamagawa_ganban2.jpg


次は、先の写真の左手のエリアです。
ここにも人が寝ています。

玉川温泉で岩盤浴をするにはゴザを敷き、その上にバスタオルを敷き、
自分にもタオルをかけて寝そべるのが一般的です。
ちなみ、ゴザは売店で売っています。

顔には直射日光があたらないように、日傘をおきます。
この場所は岩盤浴のメインの場所ではないのですが
ほどよく地熱があります。場所によって温度が違うため、
常連の方は自分の好みの温度の場所を見つけて岩盤浴をします。

私もここで、寝てみたことがありますが
1時間とか長めに岩盤浴をしたい場合はいいかもしれません。

ただ、寝ていた時に「先生もどこか悪いんですか〜!?」と
大きな声で施術したお客さんに見つけられ、
焦ったことがあります。。。(苦笑)

次回は、源泉の場所と、岩盤浴のメインの場所の写真を
アップします。

(つづく)





お問い合わせ
お問い合わせ

資料請求
無料学院説明会
学校案内
東京校

東京校

TEL 0120-27-0184
FAX 06-4808-1201
MAIL info@j-bca.com

径絡ストレッチ&リンパマッサージ
骨盤ボールダイエット

PageTop