エクササイズ パワーアップ法2 - 日本ボディーケア学院

お気軽にお問い合わせください。
資料請求

HOME > 学院マメ知識 > エクササイズ パワーアップ法2

エクササイズ パワーアップ法2

2012年01月09日

マッサージスクールの講座にPNFストレッチ整体があります。

この講座の受講生の多くは、経絡マッサージ本科コースを修了した生徒さんですが、

既に活躍されている治療家やエステティシャンの方も多く受講されます。


この当学院の整体では、主に、関節にアプローチしていくので、

今日からお話ししていく内容と関連があります。

では、今日から谷口メソッド

「あなたのエクササイズをパワーアップさせる方法」

についてお話します。


ポイントは、昨日のメールでもお話したように

≪それぞれの関節をしっかり伸ばす≫という事ですが、

それを今日から3回に分けてお話します。


1 関節の可動域を知る


2 関節の作りを知る


3 関節を意識する

では、今日は、


1 関節の可動域を知る


についてお話します。

まず、「エクササイズをパワーアップさせる方法」を考えるうえで

多くの方が勘違いしている事についてお話ししておきたいと思います。


多くの方は、エクササイズをパワーアップさせるために必要な事は、


■ 体への負荷をさらに増す。


と考えている。

という事です。


※ちなみに「負荷をさらに増す」という事は、回数を増やしたり、

 さらに難しいエクササイズを行うという事です。

実は、エクササイズをパワーアップさせるために必要な事は、

そうではないのですが、

その前に、知っておいて頂きたい事があるのです。

まず、エクササイズをパワーアップさせる方法の大前提は、

≪体のうごきの基本は骨≫だという事を認識する事です。


エクササイズを行う場合、多くの人の注目はまず筋肉にゆくのですが、


筋肉は骨を動かしているだけです。

また、筋肉は関節を動かしているだけ。

とも言えるのです。


そうです。


ポイントは「骨」より「関節」であって、

筋肉は関節が動く範囲しか、動かないのです。

もちろん、筋肉を柔軟にする事を考える事も大切ですが、

まず関節を意識して動かす方が


体の動きの改善、すなわちエクササイズをパワーアップするために

優先するべき事なのです。


但し、この考えが適用できるのは、健康増進やキレイのための

エクササイズまでであって、


アスリートとしてパフォーマンスの向上を目指している方の場合は、

また、少し違ってきます。

では、今日は、あなたのエクササイズをパワーアップさせる方法の

第1回目としてのポイントをお話します。

それは、まずあなたの体の関節はどれくらい動くのかチェックしてみてください。

例えば、あなたの足の指の関節はどれくらい曲がるのか?

一本ずつ、足の指の関節ごとに曲げてみてください。

そして、次は反対側に伸ばし、そして曲げてみてください。

この関節の動く範囲の事を関節の可動域(かどういき)といいます。

では、今晩、お風呂上りにでも、あなたの各足指の

関節の可動域を確認してください。


そして、あなたの足の指の関節の可動域をまずチェックしてくださいね。


では、続きはまた明日です。


                               日本ボディーケア学院



お問い合わせ
お問い合わせ

資料請求
無料学院説明会
学校案内
東京校

東京校

TEL 0120-27-0184
FAX 06-4808-1201
MAIL info@j-bca.com

径絡ストレッチ&リンパマッサージ
骨盤ボールダイエット

PageTop