サルも木から落ちる - 日本ボディーケア学院

お気軽にお問い合わせください。
資料請求

HOME > 学院マメ知識 > サルも木から落ちる

サルも木から落ちる

2011年11月24日

マッサージスクールでは、セラピスト自身の体のケアについても
気を配るよう教えています。

それなのに、学院長である私が、
≪ふくらはぎ≫を痛めてしまいました。

1年間、ずっと気をつけて走って来たのに・・・

油断してしまいました。

学生時代から20代後半まで、ガンガン走っていたのですが、
仕事が忙しく5年間くらい走れない時期があり、

30代前半の時に、いきなり20代の時と同じように急に走った時、
≪ふくらはぎ≫の肉離れを起こし、

それ以後、「また走ろう!」と思ってランニングを開始するたびに、
≪ふくらはぎ≫を痛め、ずっと継続して走る事ができなかったのですが、

昨年、10月から新しいランニング走法を作り上げたいと思い、
≪ふくらはぎ≫や、以前からの古傷である膝を痛めないよう、
気をつけて走って来たのですが、

油断してしまいました・・・

残念。

東京ではスケジュールが詰まっているので、
ほとんど走る時間がありません。

また、夜は人と会い食べたり飲んだりする機会が多いので、
東京から大阪に戻って来た時は、1,5キロくらい体重が増えているのです。

しかし、それでも昨日の朝は74キロ台で収まっているので
大丈夫だろうと、いきなりいつもの60分コースを走ったのです。

しかし・・・

大事な事を忘れていました。

それは気候です。

昨日の大阪はかなり冷たい風が吹いていたのです。
東京滞在は今回10日だったので、10日振りのランニング。

しかも、風が冷たい。
こういう時は、いつも以上に入念に体、そして特に
脚を温めてから走らなければならなかったのに、
いつもと同じように、走ってしまいました。

そして、最後の15分くらいで≪ふくらはぎ≫に違和感を感じて、
そこから歩きだしたのですが、もう遅かったようです。

帰り際には、右脚を引きずるように歩かなければ
ならないくらいまで、脚に痛みを感じる始末です。

これで3日は走れません。

また、これで1ヶ月以上は、60分間ランニングはできないと思います。

≪ふくらはぎ≫は痛めると、クセになるんです。

特にこの秋から冬にかけての、温度差の激しい時期には
≪ふくらはぎ≫を痛める人が特に増えます。

また、ギックリ腰も増えて来るのです。

これは中医学でいう所の、腎の気が乱れる季節に入って来るからです。
腎の気が乱れると、≪ふくらはぎ≫と腰にその症状があらわれて来るのです。

あ~

分かっていながら、またやってしまいました。

まだまだ成長していないな~と思いながら、
痛めたふくらはぎをさすりながら、自分の未熟さかげんを嘆いております。


                                  日本ボディーケア学院



お問い合わせ
お問い合わせ

資料請求
無料学院説明会
学校案内
東京校

東京校

TEL 0120-27-0184
FAX 06-4808-1201
MAIL info@j-bca.com

径絡ストレッチ&リンパマッサージ
骨盤ボールダイエット

PageTop