生活レベルを保つための補聴器

日本ボディーケア学院 日本ボディーケア学院

生活レベルを保つための補聴器

2016-07-02

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s.jpg

年齢を重ねていくと、体のいろいろなところが衰えてきます。例えば、近くのものが見えにくくなったり(老視)、筋力や体力がなくなってきたり、膝が痛くなってきたり、病気ではなく若い時にはなかった不具合が生じてきます。その中に聴力の衰えもあります。

「最近、耳が遠くなってきた」というような症状で、年齢による聴力低下を加齢性難聴と呼びます。実は、この聴力低下は中年くらいから始まっているのですが、全体的な音が全て聞こえにくくなるのではなく、高音域から徐々に聞こえにくくなるので、あまり自覚がありません。実際に、モスキート音という17000ヘルツ前後のとても高い音(高周波)で蚊の羽音のようなキーンという不快な音があるのですが、この音は20歳代前半までの若者にはよく聞こえますが、それ以上の年代の方には聞こえにくくなります(個人差はあります)。とはいえ、日常生活において、このような高い音が聞こえなくても不便はありませんし、聴力低下は徐々に進むことから、自覚していることが少ないと言えます。

それでも、60歳を超えた頃から、相手の声が小さいと聞こえ難い
とか、こもった声だと聞き取り難いなどと感じるようになってきま
す。しかし、先ほどにも述べましたとおり、日常生活では不便を感
じないことも多いことから、すぐに何か対策を考える方は少ないよ
うです。そして、もう一つ、加齢性難聴の対策の一つにある補聴器
に対する印象が、対策を遅らせる要因だと思います。

ここで、あなたに質問です。補聴器と聞いて、どう感じますか?同
じように能力を補うメガネやコンタクトレンズとは、ちょっと違う
イメージをお持ちなのではないでしょうか?私の想像では、メガネ
やコンタクトレンズは、裸眼で生活するよりは費用もかかりますし、
不便かなという程度ですが、補聴器はちょっと年寄りくさい・・・
と感じるのではないかと思います。つまり、自分が利用するのに抵
抗があるのではないかと思うのです。

しかし、その抵抗感が思った以上に取り返しのつかないことになり
かねないのです。こんなことを言うとびっくりされるかもしれませ
んが、聴力の衰えを感じたら、補聴器を利用することを想定して、
補聴器についての情報を集められることをお勧めします。なぜなら、
自分で情報を集めることによって、補聴器に対するイメージが変わ
りますし、つけた方がいいタイミングも図りやすいと思うからです。
実際には、歯の治療などと同じように、加齢性難聴は対応が早いほ
どいいようです。

それでは、なぜ、聞こえ難いと感じたら補聴器を検討することをお
勧めするかと言うと、まず、補聴器を着用しても、すぐに以前のよ
うに快適に聞こえるようにならないのです。例えば、メガネならつ
けたらすぐに遠くのものが見えるようになります。メガネのレンズ
を作る時に、自分の視力に合うよう調整したら、それ以降はメガネ
かけたら遠くが見えるようになります。しかし、補聴器の場合は、
慣れるるのに時間がかかるのです。それは、補聴器をつける違和感
だけでなく、今まで聞こえなかった音が聞こえるようになって、そ
の音が気になって不快に感じたりします。これは、耳や脳がもとも
と持っていた「必要な音」と「そうでない音」を無意識に聞き分け
る力が低下しているためです。このような音を取捨選択する力が回
復するまでに、少し時間がかかるのです。その慣れるまでの間でも、
補聴器はできるだけつけて慣れる必要があるので、補聴器の様々な
機能を使って補聴器をつけることが不快に感じないように、回復の
様子をみながら何度も調整を重ねていく必要があります。この調整
の期間は個人差があり、1年くらいかかる人もいますし2ヶ月ほど
で以前のように会話も音楽鑑賞が可能になる人もいます。そして、
補聴器の着用が早い方が、この調整の期間も短く、回復もしやすい
のです。

最近では、補聴器も小さくデザイン性も高くなっております。また、
難聴の状態で生活することは、生活の質を下げることにもなります
し、孤立感を深め認知症のきっかけになることもあります。ぜひ、
補聴器に対する意識を変えて、ご自身もご家族の方も、豊かな生活
を続けていけるようにしてください。



PAGE TOP



有限会社 日本ボディーケア学院

〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町73 プロミエ秋葉原202
TEL: 0120-27-0184

DVD教材のご案内

マッサージスクール日本ボディーケア学院はリンパ、経絡、東洋医学、骨盤、小顔矯正、整体を東京、大阪、名古屋の学校、教室で少人数制で指導し独立開業をサポートしています。




MENU
 

REQUEST
HOME