セラピストに向く体とは〈親指・その1〉 - 日本ボディーケア学院

お気軽にお問い合わせください。
資料請求

HOME > 学院マメ知識 > セラピストに向く体とは〈親指・その1〉

セラピストに向く体とは〈親指・その1〉

2008年04月15日

2008-04-15 15:56:07


こんにちは、安保です。

今日は、受講前によく質問される内容の1つで
「セラピストに向く体はありますか?」という
問いにお答えしたいと思います。

いくつかお伝えしたいので3回シリーズに分けて
お伝えしますので、よろしくお願いします。

■ その1:親指

マッサージや指圧をする時には、よく親指を使います。
家族や友達にしてあげた時など、だんだん親指が
痛くなったことはありませんか?

それで、セラピストの仕事をしてみたいけど
そこまで辛い思いをしてまでするのはどうも・・・

という方も、多くいらっしゃるようです。

親指の使い方には、ポイントがあります。

まずダメなやり方は、指先だけでこねたり、
もんだりすることです。

これをやると、手のひらの親指と人差し指の
間の部分がいたくなります。
ひどいと腱鞘炎になります。

そしてさらに、肩がこり、肩甲骨の内側も
こってくるようになります。
これではとても、やってられなくなりますね。

ですので、しかっりした圧を親指にかけて
施術したい場合は、指に自分の体重をある程度かけて
「手首を使って」もんでいきます。

これを母指揉捏(ぼしじゅうねつ)と言います。

先日も新しい生徒さんがお一人
経絡マッサージの初授業に参加されましたが
指の使い方をまず初めにレクチャーいたしました。

「手首を使って」というのは、実際に見ないと
分かりにくいかも知れませんが、長い時間の
施術をしていくには、体に無駄な力を使わせない方法、
効率よく圧をかけていく方法がとても大事になります。

はじめはやり難いと思うのですが、ある程度練習をすれば
誰でもできるようになります。

「母指揉捏ができれば、指が痛くならないのですか?」

と聞かれそうですが、そこは人によって痛くなる人と
そうでない人に分かれます。

その見極めと、対策については
また次回にお伝えしたいと思います。



お問い合わせ
お問い合わせ

資料請求
無料学院説明会
学校案内
東京校

東京校

TEL 0120-27-0184
FAX 06-4808-1201
MAIL info@j-bca.com

径絡ストレッチ&リンパマッサージ
骨盤ボールダイエット

PageTop